2009年06月14日

ザ・ミストな森

5月28日に美浦TCに入厩。6月10日、加藤調教師は「想定を見ましたが、場合によっては除外の可能性もあるかもしれません。何とか入ってくれれば」とのことだったが、6月14日(日)東京・ダ1300mに出走することになった。(6月11日更新)

6月4日
プール
6月7日・美南W良
助手
55.9−41.4−13.0 馬なり余力
6月10日・美南W良
助手
52.1−37.9−13.5 G前仕掛け

■出馬
東京8R
4歳上500万下
ダート1300m
15頭
8枠14番
藤田
55キロ

■関係者コメント
◎加藤征調教師
久々だが、仕上がりは上々だからね。ごちゃつかない東京は魅力で、いきなり楽しみ。


クラス編成前ギリギリにターフへ(ダートへ)戻ってきました4歳牝馬ミスティフォレスト。

前走は道中でズルズルッと下がる不利がありながら、持ち前の根性を発揮してG前ではなかなかの伸び。

半年のブランクがありますが、前走は一年ぶりのレース。それであれだけやれたんだから。距離が延びるのもいいし、揉まれた時のトラウマが残っているかもしれないので、スムーズにレースを運べる外枠はプラスに働きそうです。

最終追い切りの全体時計がぼく馬と公式では4秒以上も違うのですが…時計が遅いと嫌われれば妙味。相手関係については…とりあえず隣に置いとくことにします。。(半分は権利持ち)

それから、鞍上の藤田騎手。実は同馬の父母(ジャングルポケット・ロージーミスト)の引退(最後の)レースに騎乗しているのが同人物。母の唯一の勝ち鞍も藤田騎手を背にあげたものとあって、癖などは返し馬ですぐに掴んでくれるはず。ミスティフォレストの引退レースをきっちり飾ってくれ……

って、まだ引退までは規定で一年半の猶予がありますな(笑)。まだまだ走ってもらわないと困ります。とにもかくにも、今回勝利で飾って束の間の1000万下クラスへ昇格してほしいものです。
posted by ウェル at 14:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エプソムカップ

今、無い頭を振り絞って研究している指数を用いて、エプソムカップをぶったぎり。

対戦成績別、そのレースにおける指数の高い馬順に羅列していく(今年のみ)。尚、着差・着順は一切考慮にいれない。

■長篠S
トーセンクラウン(9着)
マストビートゥルー(1着)

■小倉大賞典
マストビートゥルー(5着)
ホッコーパドゥシャ(7着)
ダイシングロウ(13着)

■早春S
トウショウウェイヴ(2着)
トーセンクラウン(6着)

■大阪城S
ダイシングロウ(4着)
マストビートゥルー(1着)
ホッコーパドゥシャ(8着)

■産経大阪杯
ダイシングロウ(5着)
マストビートゥルー(9着)
(指数同)

■福島民放杯
トーセンクラウン(5着)
ホッコーパドゥシャ(1着)

■オーストラリアT
エリモエクスパイア(10着)
マストビートゥルー(2着)

■新潟大賞典
トウショウウェイヴ(12着)
シンゲン(1着)
ダイシングロウ(7着)
アーネストリー(5着)

■都大路S
カンファーベスト(16着)
キャプテンベガ(2着)
ニルヴァーナ(11着)

■金鯱賞
ミストラルクルーズ(10着)
ライムキャンディ(11着)
ニルヴァーナ(7着)


シンゲンが人気ですが、指数的には新潟大賞典組は着順が一番悪いトウショウウェイヴ1頭が抜けているという評価。人気はあちら、馬券はこちら。
posted by ウェル at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。